読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hobby-Expander

興味のあることはとにかくやってみるがモットーです。

【使い方簡単】TOTOの携帯ウォシュレットが便利すぎる

アイテム レビュー

こんにちは、一人暮らし6年目のほびおです。ウォシュレットがないトイレ、堪えれませんよね。一人暮らしになると借りた部屋にウォシュレットが無いこともしばしば。毎日使うトイレで不快に感じるのは避けたいですよね。

今回はそんなウォシュレットのない一人暮らしの方や旅人におすすめの携帯ウォシュレットのレビューです。

 

外観:小さい!メガネケースほどのサイズ!


f:id:Hobby-expander:20170320220114j:image

ウォシュレットがこんなに小さくていいのでしょうか。収納時の大きさは6.7cm×4.6cm×13cm。よくあるメガネケースと同じくらいのサイズ感です。


f:id:Hobby-expander:20170320220124j:image

実際に使用する際は収納部分のタンクとノズルを引っ張り出します。

 

使い方

手で持ちながら水鉄砲のようにおしりに向かって水を飛ばします。電池(単3電池1本)で水を発射するようになっておりお尻の前後どちらかの下から水を飛ばします。ちなみに僕は前から派です。
使い始めるまで「お尻まで水届くの?お尻にあたった水が本体にかかったらどうしよう。」と不安でしたが、実際水はかなり飛びます。2mくらい。ななめ前(または後ろ)から距離をとって水を飛ばせば、お尻を介して本体に水がかかる心配はありません!

 

使い心地は?ちゃんと洗えるの?

抜群です。水圧も2段階で調整可能です。
f:id:Hobby-expander:20170320220210j:image
f:id:Hobby-expander:20170320220221j:image

固定式ウォシュレットよりはっきり言って僕は好きです。便座に座る固定タイプは自分のお尻を動かして洗いたい部分を洗浄しますが、こちらは手で持っているためお尻固定したまま手を動かすことで程よいところを洗浄可能です。
水圧も特に強すぎることもなく、固定タイプと洗い心地は同じです。気になる満タン時からの連続発射時間は55秒でした。ウォシュレットを1分近くもできれば十分でしょう!

 

最後に

僕のように転勤が多い一人暮らしの人は賃貸を探すときに、ウォシュレットの有無を気にしなくていいのは楽ですね。また旅行に行く時も重宝しており、海外のトイレ事情が悪い場所でも気にすることなく快適に過ごせます。移動の多い方にオススメです!

 

 

 

 

 

【黒リュック】DATUM(デイタム)のロールトップパックを買ったのでレビューする

アイテム レビュー

学生時代に使っていたバックパックもボロボロになり、そろろそ新しいものを探していた矢先、雑誌で見て一目惚れし買ってしまいました。

今回はデイタムのロールトップバックパックを半年ほど使ってみた感じたレビューです。


デイタム…このバックパックに出会うまで聞いたことのないメーカーだったため調べるとどうやら2013年に日本にやってきたアメリカのブランドでした。
コンセプトは“アーバン・アウトドア“。いいですね~、理想です。

datum-jp.net

 

ではさっそく細部を見ていきます!
f:id:Hobby-expander:20170313222204j:image

全体像はこんな感じです。中に物を入れていないので多少へたっていますが、物が入れば張りが出ていい感じになります。
f:id:Hobby-expander:20170313222244j:image

ロゴの部分はレザーになっています。
f:id:Hobby-expander:20170313222302j:image

ストラップはシートベルトのような素材で切れそうにもありません。


f:id:Hobby-expander:20170313222330j:image

ポケットについては前面に2つ。向かって左が小物入れ。右側は内部に直接アクセスできる作りになっています。これがまた便利で片方のストラップを背負ったまま荷物を取り出せます。
f:id:Hobby-expander:20170313222426j:image

内部にも小物入れがあります。Made in USAと書いた可愛らしいロゴがあります。ここはマチがないため薄いもの入れに向いています。
f:id:Hobby-expander:20170313222512j:image

最後のポケットは背中に接する面のすぐ裏側にあります。ここはPCとか入れるのに便利です。背中と接するパッドも厚いため汗が内部に染みることはありません。


f:id:Hobby-expander:20170313222534j:image

次に中身をいっぱいまで入れてみるとこんな感じです。ロールトップのいい所はこうやって中身の量に応じて大きさを変えれるところですね!この大きさにまで広げて2泊3日くらいの旅行は余裕で行っています。

半年ほど使っていて、頑丈・人と被らない・シンプルと非常に満足しているのですがこうなればもっと使いやすいのにという点もいくつか。

・ドリンクホルダーがない。
・腰で締めるストラップがでかい。

この2点以外は非常に満足しています。

半年使って思ったことは、どれだけ雑に使っても劣化する気配がありません。このあたりさすがアメリカ製といったところでしょうか!これからも愛着をもってガシガシ使っていこうと思います。

 

脱ユニバレ!ユニクロマークを消す方法

アイテム DIY

こんにちは。コスパいいもの大好きほびおです。ユニクロ、便利で安くて良いですよね。僕も愛用しています。
社会人になってから私服を着る機会も休日だけになり、「近場へ行く服はユニクロでいいや!」ってなりました。
しかし、そんなユニクロ愛用者、通称”ユニクラー”を脅かすのがユニバレ

ユニクロを着ていることが周囲にバレるあれです。最近のユニクロにはこんなマークがついてます。

f:id:Hobby-expander:20170226224743p:plain

http://www.uniqlo.com/jp/より

こいつのせいで「あいつユニクロ着てやがる」ってもろバレします。

しかも見えやすい場所に。反射材の機能までついて。

 

今回はこの存在感抜群のユニクロマークを剥がすことができたのでご紹介します。

使用するのは僕がジムで愛用しているハーフパンツ。
f:id:Hobby-expander:20170226221759j:image

いますね~左下に。小さなマークなのに圧倒的存在感。ではさっそく取り掛かります。

 

〇準備するもの
ユニクロマークのついた服
エタノール
・綿棒

f:id:Hobby-expander:20170226221731j:image

これでもかってくらいゴシゴシします。

取れる気配がない場合はエタノールにマーク部分を漬け込んでみてください。

次に爪で剥がしていきます。端の方が強く圧着されているので剥がすきっかけ作りにカッターでちょっと剥がしてみると楽です。
f:id:Hobby-expander:20170226222217j:image

一度剥がれ始めると全体的に糊が取れてきている証拠です。後は根気よくペリペリ剥がしましょう。
f:id:Hobby-expander:20170226222235j:image

ひたすらペリペリします。


f:id:Hobby-expander:20170226222251j:image

出来上がり。剥がした直後は若干跡が残るのでこいつもエタノールで綺麗にしてあげましょう。

 

これで今日から脱ユニバレですね!どんな場所にマークが付いてきても怖いものなしです!