Hobby-Expander

興味のあることはとにかくやってみるがモットーです。

【経年変化2年6ヶ月】ユニクロ、セルビッジジーンズの色落ち観察

こんにちは、ほびおです。今日は以前から履いているユニクロのセルビッジジーンズの経年変化2年6か月目を観察します。ここ1年ほどは夏以外、週末に履いて月1ペースで洗濯していました。

 全体像

それでは今回の観察。だいぶ色落ちしてきました。

f:id:Hobby-expander:20190527164903j:image
履きはじめと比較するとその差は一目瞭然。

 f:id:Hobby-expander:20170212181914j:plain

後ろはこんな感じです


f:id:Hobby-expander:20190527164939j:image

 後ろの履き始めも比較です。全然違いますね。立体感が出ています。

f:id:Hobby-expander:20170212181945j:plain

前回からの変化点としては色落ちがはっきりしてきた点です。前回の1年6か月時点では皺はあるものの色落ちはそこまで顕著ではありませんでした。色落ちにより皺がより立体的に見えるようになっていきました。

詳細部分も見ていきましょう。
f:id:Hobby-expander:20190527165003j:image

ポケットの縁部分はスマホを入れている右ポケットが前回から白くなり始め、現在でははっきりと白い跡が出ています。ポケットにスマホはあまりよくないですね。

 まとめ

もう2年半も履いていることになります。月に数回ほどしか履きませんが愛着は湧いています。また履いて変化があればここで観察したいと思います。

オーケーストアでもPayPayやLine Payが使用可能に!しかも3/103割引も対象だ!

OKストアという関東圏の安くて人気のスーパー。このお店安くてコスパ最強で主婦から圧倒的な人気を誇っていますが、なんとここにも最近流行のキャッシュレス決済の波が押し寄せています。

 

本日スーパーに行くとこんな張り紙が。


f:id:Hobby-expander:20190509231503j:image

掲示には3/103割引の文字があります!

今までオーケークラブ会員(会費無料)かつ現金払いの手段のみが、このおよそ3%割引きの恩恵を得られていました。僕は現金払いが嫌いなのでオーケークラブ会員には入会せずにクレジットカード払いしかしていませんでしたが、これからはオーケークラブ会員かつペイペイもしくはLine Pay払いで手軽に割引を受けられます。

 

さっそくクラブ会員に入会し、レジでPaypayで支払いしましたが、なかなかスムーズに決済できました。ただし店舗にもよりますがすべてレジはまだキャッシュレス対応していませんでした。僕が買い物した店舗では8台中2台のレジのみ対応していました。

 

ただし、このキャッシュレス対応は加盟店手数料が無料の期間のみということなので、今後キャッシュレス決済業者が加盟店へ手数料を求めるようになると状態は変わる可能性があります。

昨今キャッシュレス業者はユーザー獲得のためあの手この手でお得なキャンペーンをうちまくっています。このチャンスをうまく活用してお得に買い物したいですね。

 

 

初めてのオーダースーツにおすすめ、グローバルスタイルが高コスパでいい感じ


f:id:Hobby-expander:20190415235716j:image
スーツってサイズがばっちり合っているといないとでは格好よさが段違いになります。バシッと決まったスーツに憧れて、初心者でも安心して作れるグローバルスタイルで自分の体に合ったスーツを作ってきました。

 お値段なんと2着で47,000円(1着 23,500円~)

既製品のスーツでも安くても一着2万円ほどします。それに比べてサイズばっちりのスーツがこの値段で手に入ると考えるとお得です。しかも友達と1枚ずつ作ってもいいんです。この価格ですが、生地によって値段が異なります。一番安い価格帯の生地だ一着あたり23,500円で作れるということです。一番安い価格帯は生地にポリエステルを含みます。ウール100%になると価格は上がります。素材だけでなく生地のブランドでも変わるため、実際にお店に行って手に取って生地の質感を確認することを勧めます。

 

 

サイズは店員さんが選んでくれる

オーダーと聞くと、自分で知識がないと恥ずかしい思いをするかと不安があるかもしれません。しかし、店員さんが体型をもとにおおよそのサイズのジャケットやパンツを出してきてくれます。グローバルスタイルの場合、ジャケットには数種類型があります。僕はモダンクラシックという形にしました。モダンブリティッシュと悩みましたが、店員さんが胸板が厚い僕みたいな人はモダンクラシックの方がハマるという意見と、実際に鏡で見た雰囲気で決めました。その際教えてもらったことは、モダンクラシックの方がウエストがくびれてる、(一方ブリティッシュは比較的脇下からストンと下に落ちる感じ)、肩が張ってる(ブリティッシュは内巻き肩)などなど。ホームページで予習していきましたが、実際に羽織ってみると同じサイズのジャケットでも肩によって体系に合う合わずがあり、合わないと変なところに皺が入って格好悪くなるということです。

ジャケットの型を決めたあとは、袖をこうしたい、裾幅はこうしたい、丈は…など店員さんと相談しながら微調整していく形になります。もちろんズボンのすそをシングルorダブルも選べます。ダブルの幅も選べます。サイズが決まったあとは裏地の生地やボタンなどディティールを決めていきます。

既製品ではここまで細かい調整はできず、同じ価格帯でも店員さんと話ながら自分が目指すサイズ感を作りあげていくことができます。

 気を付けたほうがいいこと

生地はいろんな光の下で見る

昔に一度グローバルスタイルでスーツを作成しましたが、店舗で生地を見た時と完成したスーツを見たときの色味が全然違ったことがありました。太陽光や白熱蛍光灯の下で見た実物は色味の雰囲気がまったく異なり、せっかく作ったスーツなのに色が気に入らずほとんど着ないといった経験がありました。特に紺色青系のスーツは要注意です。電球色で見るのと自然光の下で見るのではイメージが大きく変わります。

そのため店舗では、生地を手に持って電球の直下で見たり陰で見たり、白熱球の下で見たりなど様々な環境下での色味を確認することを勧めます。これは友達と二人ならお互いに確認しやすいですね。自分は立ったままで、友達に生地を持っていろんな光の下へ動いてもらいましょう。店員さんに頼んでも対応してくれるはずです。

 来店する時は予約する

僕は予約せずに来店して後悔しました。もちろん予約なしでも待っていれば対応してもらえますが、僕の時は2時間ほど待つ形に。待っている間にほとんど作りたい記事を絞ることができたため、店員対応になってからはスムーズに進みました。予約しても少し早めに来店して、生地を数点に絞っておくと時間を節約できると思います。

できれば普段着用しているシャツを持っていく

ジャケットの袖の長さを決めるにあたって普段着用しているシャツを持参することをおすすめします。僕は普段着で行ったのですが、完成したスーツと普段合わせているシャツを合わせるとスーツが長すぎました。どう見ても長すぎると不満だったため無料のお直しサービスを使用しました。これはスーツ作成後3か月は各部位無償でお直しできるサービスです。しかもお直し後の郵送代は無料です。僕は再度店舗に持ち込んで担当してもらった店員さんと話して再度袖のサイズを調整しました。大変すばらしいサービスですが、お直しにも納期がかかるためせっかく作ったスーツを早く着るためにも、一回目の作成時にシャツを持ち込むことをおすすめします。

 

まとめ

スーツを初めて作るにはとってもおすすめできるグローバルスタイルです。生地の数も豊富でスーツの形も多いため選ぶ楽しみがあります。裏地やボタンなどの組み合わせを考えると世界に一つの自分だけのスーツといっても過言ではありません。何よりサイズばっちりのスーツを着て通勤するといつもより少し気持ちが上向きます。初めてでも店員さんと一緒に話しながら丁寧に対応してくれるため安心して作れます。是非自分だけのスーツ作ってみてはいかがでしょうか。