Hobby-Expander

興味のあることはとにかくやってみるがモットーです。

【水泳】経験者が教えるおすすめ度付ゴーグルまとめ


f:id:Hobby-expander:20171104153019j:image

こんにちは、水泳経験者のほびおです。スイマーにとって欠かせないゴーグルですが、視力が悪い人向けの度付ゴーグルってものがあります。ただ一般のゴーグルが各社豊富なバリエーションを出しているのに対して、度付ゴーグルはとにかく選択肢が少ないんです。今回は実際の使い心地を含めご紹介します。僕と同じような近視スイマーへの手助けになれば幸いです。

目次

 

実用性&見た目優先:クッション付のレーシングタイプ

実用性も見た目もどちらも欲しい!という方向けはこちら。スワンズの度付レーシングゴーグルです。ミラー(写真の左2つ)とクリアタイプ(右2つ)両方ともにクッション付が設定されています。

f:id:Hobby-expander:20171104140818p:plain

(参照:スイミングゴーグル | スポーツアイウェアならSWANS(スワンズ))

こちらのクリアタイプを僕は現在愛用中です。使い心地については、クッション付きのため長時間使用しても目の周辺が痛くならず快適です。しかしクッション付きは快適性と引き換えに飛び込みの際にノンクッションと比較すると若干水が入りやすい気がします。レースなどで飛び込みをする方はこの点が気になる所ですね。見た目については、レンズ自体が小ぶりのため、かなりカッコいいです。度付ゴーグルは見た目がダサいものが多いなかで、これは非常に助かってます。競泳水着を履いていても、違和感を感じないスタイリッシュなゴーグルです。また少々高くなりますが、ミラーレンズを選択すると、これはもう競泳選手ばりの速そうなのオーラを醸し出すことも可能です。周りの人からこちらの目が見えないこともミラーレンズの強みですね。
さらにこのゴーグルの素敵なポイントが、紐のカラーが豊富なことです!なんと9種類から色が選べます。これは地味な度付ゴーグル界の救世主です。自分の水着に合った色はもちろん、他人と違う自分だけのカラーリングで遊ぶこともできます。

f:id:Hobby-expander:20171104142351j:plain

(参照:スイミングゴーグル | スポーツアイウェアならSWANS(スワンズ) )

 

ずれ対策:クッション無しのレーシングタイプ

お次は飛び込みや壁キックの力が強い方向けです。上記のクッション無タイプとなります。クッション付の弱みを上に記載しましたが、やはり何かの拍子に水が入ってくることがあります。飛び込みの際などなど。より密着性を求めたい方はこちらの方がおすすめです。しかもクッションが付いていない分価格も安くなっています。欠点としては、このゴーグルもずっと使用していますが、やはり長時間使用しているとクッション付きと比較すると目の周りが圧迫されて痛くなる点です。また度数のラインナップも若干少ないです。同じメーカーなのに、クッション付が-7.0までのランナップに対し、クッション無しの度数の上限が-6.0です。この範囲で視力が収まる方はおすすめです。

 

快適性重視:クッション大きめのフィットネスタイプ

最後はとにかく快適性を重視したい人向けです。フィットネスなどはこちらがおすすめですね。こちらは良くホームセンターなどでも見かけるタイプの度付ゴーグルです。装着も簡単です。パチッとワンタッチで紐部分を装着できます。またクッションも大き目のため、長時間付けても疲れません。まさにフィットネス用!学校のプールの時などで、普段ゴーグルをつけ慣れていない人にもおすすすめです。

f:id:Hobby-expander:20171104150543p:plain

(参照:VIEW | 水泳・スイミングゴーグル | 株式会社タバタ

ここまでは普通の度付ゴーグルという感じですが、こちらのゴーグル特徴があります。とにかく度数のラインナップが豊富なんです。どれくらいかというと、近視が-2~-10、遠視が+1.5~+6。驚異的です、この豊富さ。こんなに多くの人の視力に対応するメーカーさんなかなかいないと思います。ありがとうございます。各社ここまでとは言わないものの、もう少し度数のバリエーションが欲しいというのが、いちユーザーとしての正直な気持ちです。

 

まとめ

上記それぞれ用途に応じたおすすめ度付ゴーグルを見てきました。それぞれまとめると以下のようになります。

 
メーカー SWANS SWANS VIEW
クッション 有り 有り
ミラーレンズ 有り 有り
対応度数 -2.0~-7.0 -2.0~-6.0 -2.0~-10.0
+1.5~+6.0
紐の色数 9色 9色 3色

 

 

 

【簡単接続】kindleのBluetoothを一発でステータスバーから切り替える方法

こんにちは、ほびおです。アマゾンセールでコスパ最強タブレットのKindle fire HD8をお得な値段で買いました。主にprimeで映画見る際にbluetoothスピーカーと接続するのですが、ワンタッチで通知バー(ステータスバーやクイックアクセスツールバーとも言う)からbluetoothの接続ができない点にすごく不満を感じていました。スマホならできるのにFireでできないなんて…そんなはずはない!といろいろ方法を調べ切り替えに成功したためそれらをまとめます。

目次

【現象】Bluetoothの接続が通知バーに無い!

僕が持っているのはkindle fire hd8という端末ですが、こちらの通知バー(クイックアクセスツールバーとも言う)にbluetoothのオンオフボタンがないんです!

f:id:Hobby-expander:20170923115608j:image

 設定ボタンを経由してbluetooth設定は行えるのですが、接続する際に毎回いちいち設定画面へ飛ぶ必要があるのです。これが地味に面倒でなんです。それでここのバーから直接bluetoothのオンオフをする方法が以下になります。

 

【解決策1】通知バー編集アプリをAmazonストアからダウンロード

これが一番正攻法でしょう。アマゾンのアプリストアはアップルやグーグルと比較するとアプリの数が圧倒的に少ないです。そのためスマホで馴染みのあるアプリが無い!なんてことも多々あります。そんな中通知バーの編集アプリは以下のもののみ。これを使用することで通知バーに追加する機能を自分で編集できるようになります。しかも無料!

使い方

アプリは英語ですが、使い方はいたって簡単。

①通知バーに追加したいものを左下の「+ New」から選びます。

f:id:Hobby-expander:20170923115628j:image

アイコンが非常に分かりやすいですね。ここから通知バーに追加したい機能を選んでいきます。端末内にあるアプリをバーに追加したい場合は「Apprication」から選択できます。選択した後は右上のチェックでバーの編集を仮確定します。

 

②追加したい機能を仮確定した後は「Apply」で端末へ適用します。

f:id:Hobby-expander:20170923115803j:image

このApplyを忘れるとアプリ内で設定した通知バーが端末に反映されないため要注意です。

 

③適用後は通常の通知バーの下にこのアプリで設定した通知バーが表示されるようになります。

f:id:Hobby-expander:20170923115819j:image

ただし常に通知があるように端末が認識するため、★マークが右上に常に表示されるようになります。

 

 

【解決策2】GooglePlayをkindleに入れてグーグルアプリをダウンロード

こちらの方法はお持ちのkindle端末にGooglePlayを入れてしまうという必殺技です。GooglePlayのデータはネット上に開発者が開示しているのでそれを直接端末に入れてしまいます。以下のサイトが非常に参考になりました。

plaza.rakuten.co.jp

これに従いGooglePlayを端末に入れてしまえば、後はお好きな通知バーアプリをダウンロードをするだけ。Googleには日本語対応のアプリもたくさんあるため設定も簡単ですね。しかもこちらの方法は端末を工場出荷時に戻す処理をすると、きちんと初期状態に戻すことが可能です。そのためアマゾンの保証サービスも適用されます!僕もGooglePlayを端末へ入れていますが、今のところ弊害などは無いです。人間選択肢をある程度与えらえる方が満足度が上がるのは有名な話。GooglePlayでしかできないアプリなども多数存在するため、これを機にGooglePlayでアプリの選択肢入れてみるものいいでしょう!

まとめ

以上アマゾンのkindle端末の通知バーを編集する方法をご紹介しました。スマホの端末設定って結構通知バーだけで操作できることが多いんです。これらの編集アプリを用いることで、bluetoothだけでなくその他の機能でもいちいち設定画面へ飛ぶ必要がなくなりそうですね。操作の時間でいうとほんの数秒でしょうが、その数秒も塵も積もればなんとやらです。自分の時間を最大限有効活用するためにも、細かい作業の見直しで、より便利な仕様に変えていきましょう!

【マラソン】パトリックのスニーカーを買ったのでレビューする

こんにちは、ほびおです。大人になるとスニーカーにどこか若すぎる印象を受けることありませんか。履きこなしによっては高校生とさほど変わらなくなる可能性も秘めているスニーカー。そんなスニーカーの中でも大人っぽい、上品な雰囲気をまとっているのがパトリックです。今回はパトリックのスニーカーを買ったので写真でいろいろな部分を観察します。ちなみに購入したのは「マラソン」というモデルです。パトリックがどんなメーカーかという点も含め靴の観察をしていきます。それではさっそく見ていきます。

 

目次

パトリックってどんなメーカー?

聞いたことない方もいるのではないでしょうか。ナイキやアディダス、NBに比べて、あまり街中で見かけることはありませんが、知っている人は知っている上品な靴のメーカーです。カメイプロアクトという会社がもともとフランスからの輸入販売をしていましたが、現在は日本で生産を行っているみたいです。

www.patrick.jp

どの靴もスリムでスタイリッシュな形をしており、綺麗めな格好をする方には受けがよさそうです。日本製ということもあって作りもしっかりしていることでしょう。そのあたりは後の写真で見ていきます。

 

詳細観察

靴全体のイメージはこんな感じです。いいですね、これぞ大人のスニーカー。 
f:id:Hobby-expander:20170825214810j:image

これはマラソンというモデルで、クラッシックな形ながら、パトリックの中ではポップな位置づけのモデルです。
f:id:Hobby-expander:20170825215140j:image

表面はスエードと光沢を抑えたナイロンを組み合わせた落ち着いた雰囲気です。綺麗な印象を与えるスニーカーのため防水スプレーで事前に汚れが付かないように防止したいところです。


f:id:Hobby-expander:20170825215013j:image

内側は踵周辺はPUレザーのような化繊でできています。見たところ薄そうなので、履いているうちに擦れて破れるかもしれません。耐久性はいかがなものかこれから要チェックのポイントです。インソール下は薄く固めたコルクのようなものが入っていて、衝撃を吸収してくれそうな感じです。


f:id:Hobby-expander:20170825214957j:image

インソールについては、シンプルな造りですが、分厚いです。ペラペラという印象はなく、しっかりとしています。これなら数時間歩いても疲れなさそうです。インソールの下についても薄く固めたコルクのようなものが入っていて、衝撃を吸収してくれそうな感じです。

実際の履き心地は非常に軽いです。また踵部分にもゆるいRを描くようにソールのゴムが張られているため、歩く際に地面に踵部分が引っ掛かることなくスムーズに足を運べる点はかなり気に入りました。

 

注意点

パトリックの靴はとにかく細身です。僕は普段ナイキを履いていて、ナイキも比較的細身のスニーカーですが、これよりも細い印象を受けました。この細さが大人っぽさを演出するカギになっているのかもしれません。

足幅が広い方は一度試し場することをおすすめします。最近はABCマートの店舗でも扱っているため実物が見やすくなりました。

 

まとめ

今回初めてパトリックのスニーカーを購入しましたが、上品で所有感を満たしてくれる点に非常に満足しました。また履き心地も素晴らしく、買ってよかったと感じています。年を重ねるにつれ若すぎるデザインのスニーカーに抵抗を感じる方、綺麗めな格好が好みの方には非常におすすめのスニーカーです。是非パトリックの大人スニーカーを履いて、大人らしさに磨きをさらにかけていきましょう!