Hobby-Expander

興味のあることはとにかくやってみるがモットーです。

【どっち?】青森ねぶたとねぷた、参加方法や種類の違いをまとめてみた

こんにちは、祭りシーズンが大好きなほびおです。青森県が誇る、ねぶた祭り。そのねぶた祭りに色々な種類があるのご存知でしょうか。今回は青森県の中でいくつかのねぶた(ねぷた)祭りに出てきたためその違いや参加方法をまとめます。

目次

ねぶた祭りの種類いろいろ

ねぶた祭りと聞くと「あ~聞いたことある。」となる人がほとんどじゃないでしょうか。このねぶた祭り実は種類が一つだけじゃないんです。町や市ごとにそれぞれお囃子や服が違っていて細かく分けると十数種類に及びます。そんな中で青森県では有名なねぶた祭りが3つあります。以下の表にそれぞれの街とねぶたの違いをざっとまとめました。

f:id:Hobby-expander:20170814180456p:plain

 ひとつ注意していただきたいのが、弘前市のものは、ね”ぷ”た祭りといいます。ねぶたと言うと青森県民は青森市のものをイメージするので注意してください。このように三大ねぶたは上記のようになっています。それでは一つ一つ見ていきましょう。

 

青森市ねぶた祭

よく聞くねぶた祭りと言うのは青森市のものをさします。これは唯一観光客が参加できるタイプの祭りとなっています。よくテレビなどで放映されている立体の人形を引っ張りながら道路をうねり歩くお祭りです。横に大きく迫力があります。だいたい道路5車線分くらいの大きさです。
f:id:Hobby-expander:20170815180638j:image

ちなみにこちらは誰でも正装さえしていれば自由に参加可能です。正装はレンタル可能です。レンタルできるお店は下記が参考になりました。

ハネトの衣装の購入・レンタル方法 - 青森ねぶた祭

土日はどこのお店もレンタルが混み合うため事前に予約した方がいいですよ~。

 

掛け声は「ラッセラー、ラッセラー」と声を荒げます。またピョンピョン跳ね続けるためかなりの体力を消耗します。注意点としては、事前にスポーツドリンクなどを片手に参加するのが吉でしょう。かなり汗をかきます。また自ら参加すると山車やお囃子のパフォーマンスがほとんど見えません。そのため少しでも鑑賞したい方は途中で跳ねるのを辞めて列から抜けるか、初めから鑑賞スペースを場所どりするのが吉です。

 

弘前市ねぷた祭り

続いての弘前ねぷたは鑑賞タイプの祭りとなります。この3つの中では一番上品で大人しい雰囲気のお祭りです。ねぷた祭りでは、扇の形をした山車にねぶた絵が描かれており、ゆっくりとした掛け声で進んでいきます。台車を引っ張りながら歩く点は青森市と同じですが、こちらは自由参加はできません。地元の方と何かしらのコネクションがないと参加は難しいです。ちなみに参加できた場合は、終わった後はねぷた小屋と呼ばれる制作小屋で飲み会があります。
f:id:Hobby-expander:20170815180659j:image

平面に絵が描かれているため、青森市よりもより繊細な表現となっています。前側が男性の絵、後ろ側は送り絵といい女性の絵が大半です。観覧席から一緒に「ヤーヤードー」と声をかけると一体となって楽しめます。

 

 

五所川原市立佞武多(たちねぶた)

最後は五所川原市立佞武多です。こちらも鑑賞型の祭りとなります。青森市弘前市と比較すると若干規模は小さくなります。ただし一番祭りの勢いがあります。まず掛け声が「やってまーれ、やってまーれ」です。かなり喧嘩ごしの雰囲気でまくり立てます。さらに正装が厳ついです。前掛けと全身総柄のタイツみたいなものを着るのですが、全員ヤンキーに見えてきます。ここまで厳ついイメージばかりですが、山車については一番迫力があります。とにかく縦にでかい。そのため鑑賞するという点では他の2つより楽しめます。


f:id:Hobby-expander:20170815180723j:image

規模が小さいため祭りの時間も比較的短く、飽きる事無く最後まで楽しめます。

 

まとめ

 実は知っているようで知らない祭り、ねぶた祭り。今回は主な3つのねぶた祭りを取り上げました。規模はさらに小さいですが、他の街でもねぶた祭りは開催されており、そちらではローカルな雰囲気を楽しめます。町ごとにそれぞれ違った雰囲気やお囃子、太鼓のリズムをがあり皆さん自分の町に誇りをもっています。青森へ祭りを見に行く際は青森市だけでなく是非いろんな町のねぶたをご覧になってはいかがでしょうか!

【観葉植物】スーパーのアボカドを種から水で育てた記録

こんにちは、物欲が何歳になっても尽きないほびおです。ずっとやってみたかった植物の栽培をすることにし、なるべく手軽にかつ簡単に育てられるという点からアボガドを育てることにしました。いろいろ調べるとスーパーのアボガドでも運が良ければ発芽するということ、しかも水だけで育てることができること、こんなに初心者に向いている植物ってなかなか無いんじゃないでしょうか。それでは写真とともに僕のかわいいアボガドの成長記録を見ていきます。

 

目次

5月28日 種を水につける

「そうだ、アボガド育ててみよう!」軽い気持ちから、スーパーでアボガドを買いました。無理やりサラダとして食した後、綺麗に冷水で果肉を洗い流します。楕円のゆるやかな側を下にして、水を入れた容器に浸したのが始まりです。


f:id:Hobby-expander:20170726202729j:image

 

爪楊枝をさすことで種が水の中に沈んでしまうことを防ぎます。注意点としては上半分は水に浸さないこと!

 

6月8日 割れた

この日ついに種の下側にひび割れが発生しました。アボガドは下半分がまず割れ、そこから根が出てき、最後に上側が割れ芽が出てきます。
f:id:Hobby-expander:20170726202918j:image

 窓越しに太陽の光が当たるところにアボガドを置いています。

 

6月20日 根が出る


f:id:Hobby-expander:20170726202948j:image

この日ついに下側から根が出てきました。可愛らしいです。冷蔵庫などで冷やされすぎた種は根が出てこないらしいので、ここを一つのチェックポイントとしていいでしょう。ここからは日に日に根が伸びていきます。ひたすら待ちましょう。

 

6月30日 根に異物が付着する


f:id:Hobby-expander:20170726203026j:image

我慢です。ひたすら根が伸びるのを待ちましょう。この日を境に根にポツポツと突起のようなものが出始めます。気持ち悪いですがこのまま待ちましょう。

 

7月9日 ついに芽が


f:id:Hobby-expander:20170726203052j:image

ついに!芽が出てきました。根が出てきた時よりも個人的に嬉しかったです。水に着け始めてからここまで1か月半ほど。毎日か2日に一回水替えを欠かさず行い太陽の光を当て続けたことが功をなしたのでしょう。ここからまた我慢が続きます。ひたすら芽?茎?部分が伸びていきます。 

 7月22日 葉っぱもでてくる


f:id:Hobby-expander:20170726203221j:image

葉っぱが出てきました。これはもう立派な木といっても過言ではないでしょう。コップの中に浸かっている根を含めた高さは優に30cmを超えています。

 

最新の状況では葉っぱが大きくなりどんどんと背が高くなっていっています。驚くことに水のみでここまで成長してきました。土に植え替えるとさらに成長するそうなので頃合いをみて土に植え替える予定です。これからも大きな変化点を栽培日記にてお伝えしようと思います。種のころは愛着なんて特にありませんでしたが、現在はニコニコしながら愛でるように眺めています。空いた時間にアボガドの栽培、おすすめです。

【コスパ最強】ポット型浄水器がおすすめな理由3つ

f:id:Hobby-expander:20170716230424j:image

こんにちは、節約大好きほびおです。毎日の水分補給どんな方法でされているでしょうか。僕はもっぱら水派です。そんな何気ない水でも毎日飲むからこそ、おいしくて安いほうが良いですよね。僕は以前ペットボトルのミネラルウォーターを買っていたのですが、ポット型浄水器のほうがコスパが良いと考え切り替えました。そこで今日はポット型浄水器をおすすめ理由をご紹介します。

 

目次

おすすめ理由その①:ペットボトルより安い

2Lのペットボトルミネラルウォーターって場所によってはかなり安く売っていますよね。アマゾンでは一本あたり78円です。

十分安いです。だがしかし!ポット型は考え方次第ではもっと安いんです。
【前提】
ここでは家で1日1Lの水を消費すると考えます。つまり一日で2Lペットの半分を消費。一方でポット型は3か月でカートリッジを交換します。3か月のスパンで消費金額を比較すると…


・ペットボトルの場合

一日39円消費と考え、これを3か月分⇒39円×90日=3,510円

 

・ポット型の場合(カートリッジのみ)
一回買うと3か月は使用できるので⇒ 1150円(3本入りで3,400円くらいです。)
水道代(東京都の従量制料金の最大値)⇒36円(※0.4円/L×90日)

※0.4円/L(東京都水道局の料金表より月1,001㎥使用の人が1L使用した際の料金)です。料金表の一番高い値です。業者じゃないとこんな量使いきれません。

                     

単純に比較したとしても約2,500円ほどお得です。ポット型の場合水道代が加味されますがそれを上記のように高い値で見積もってもペットボトル飲料より断然お得です。ちなみに僕の地域は水道代金が定額のため量を気にせずポットで浄化しています。
実際はポット型の場合本体代もかかりますが、本体は一度買えば半永久的に使用可能です。本体代が仮に2,500円だとすれば3か月後にペットボトルと同額、それ以降はポット型が3か月ごとに2,500円のお得さを生み出します。

 

おすすめ理由その②:重くない

ペットボトル飲料の悩みとして、毎回買い物から持って帰る際に重くて場所をとるということではないでしょうか。男の僕でも買い物袋に2Lペットを2本入れるともうこれは筋トレです。主婦の方がこれを持つなんて苦行でしかないことでしょう。一方でポット型はカートリッジの購入だけで良いため持ち運びが楽です。ネットで買えば持ち運ぶ必要もありませんしね!ペットボトルをネットで買うことも自分にとっては手間いらずで良いでしょうが、水が何本も入った段ボールを運ぶ配達員の人が可哀そうです。重くて場所をとるペットボトルは配達効率も悪く、配達車の燃費も落ち環境への影響という点からもポット型のカートリッジと比較すると劣るでしょう。話が飛躍しましたが、自分を含め持ち運ぶ人のことを考えるとポット型がおすすめです。

 

おすすめ理由その③:いつでも新鮮、いつでも飲める

一度開封したペットボトル飲料を小分けに飲むとき衛生面で気になることはありませんか?僕は3日目以降のペットボトル飲料を飲むのは若干抵抗があります。その点ポット型は水道水から飲みたいときに浄化するだけなので衛生面を気にする必要がありません。必要な時に必要な分だけ浄化できます。これを別の観点で見ると在庫の有無を確認する必要がありません。ペットボトル飲料の場合、家に在庫がないとまた買い物に行かなくてはなりません。しかも重いペットボトルを筋トレするかの如くぶら下げて。いつでも飲みたいときに必要な分だけ浄化できるポット型はこの点からもおすすめです。

 

まとめ

以上3つの点からポット型浄水器のおすすめ点を見てきましたがいかがでしたでしょうか。僕は素直にペットボトル飲料から切り替えてよかったと思います。いつでも量を気にすることなく浄化できるため、お米をとぐためだけに浄化するなどとにかく使用頻度が増えました。ちなみに僕はクリンスイの小型ポットを使用しています。スリムボディのため冷蔵庫のサイドポケットに入り邪魔になりません。他にも各メーカーいろんなタイプを出しているためご自身の使用状況にあったマイポットを見つけだしてみてはいかがでしょうか。