読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hobby-Expander

興味のあることはとにかくやってみるがモットーです。

【経年変化6ヶ月】ユニクロ、セルビッジジーンズの色落ち観察

こんにちは、ほびおです。今日は以前から履いているユニクロのセルビッジジーンズの経年変化6か月目を観察します。今のところ4半期ごとの観察を予定しております。

そもそもセルビッジとは?

シャトル織機という旧式織機により織られるデニムで作られたジーンズのアウトシーム(脚の外側ライン裏側見られる生地の耳端のこと。 

引用:セルビッジとは - ジーンズ用語 Weblio辞書

昔の製法によって作られ、色落ちも独特な感じになるみたいです。僕の体型が変わらずに履き続けられる間は観察を続けていきます。

さっそく見ていきます。

f:id:Hobby-expander:20170408161125j:image


f:id:Hobby-expander:20170408161138j:image

以前より全体的に色落ちしています。前回の3か月目は皺が増えるだけで色の変化は見られませんでした。

前回の観察はこちら。

hobby-expander.hatenablog.com

3ヶ月目に比べるとなんというか立体感が増してきています。詳細部分も見ていきましょう。
f:id:Hobby-expander:20170408160314j:image

ポケット部分などは色落ちしやすく、淵の部分が特に色落ちしています。皺部分の先端がこのポケット同様の色落ちをしてくれると嬉しいのですが、もう少し履きこむ必要がありそうです。

なかなかの安さで生地もしっかりしているユニクロのセルビッジジーンズ。お手軽に経年変化を楽しませてもらえます。次回の観察は9か月目を予定しています。それではまた!

 

【染めQ】メガネを自分で塗装してみた!

こんにちは、花見が待ち遠しいほびおです。
眼鏡をかける人はいくつかスペアを持っている人も多いのではないしょうか。僕もそんな一人です。しかし、いくつか保有していると使わない眼鏡も出てきます。今日はそんな使わなくなったメガネを塗装しイメチェンしてみました。

 

『え、そもそもメガネって塗装できるの?』

正直分かりません!見る限り色つきの樹脂で成形されています。樹脂の上に色が乗るのかどうか、やってみてから考えます。

 

今回塗装するのはこのメガネ。
f:id:Hobby-expander:20170404221933j:image

テンプル部分がクリアです。今思うとなかなかのダサさです。仕事中に使用するにはもう少しシックな感じにしたいなと。というわけで、このクリア部分を黒く塗りたいと思います。

使用するのは何でも染めてしまう染めQテクノロジィ社の『染めQ』。何でも染めてしまう驚異の缶スプレー。
f:id:Hobby-expander:20170404222142j:image

以前スノーブーツの塗装に使用し、あまりの染まり具合に感動しました。染まりにくいものもあるので、使用前は注意書き要チェックです。

前置きが長くなりましたが、これが毎日帰宅後にちまちま塗装したメガネ。
f:id:Hobby-expander:20170404222226j:image

5回ほど塗っては乾燥を繰り返しました。一度に綺麗には染まらないため、塗っては乾かしを繰り返します。


f:id:Hobby-expander:20170404222255j:image

近くで見ると多少ムラがあります。僕の技術不足が原因でしょう。エタノールで脱脂してから塗装しましたが、いまいち塗料の乗りが悪かったです。同じ染めQテクノロジィ社から出ているプライマー(塗料の乗りをよくするもの)を使用すれば良かったと後悔しています。

よほど近づいて見ないと気にならないレベルの色ムラです。掛けてしまえば見えない部分。僕は気にしません!
多少手間はかかりますが、予想以上にお手軽に気分転換できました。いらなくなったメガネ、掛けなくなったメガネをイメチェンしてみてはいかがでしょうか!

 

【一人暮らしに】TOTOの携帯ウォシュレットが便利すぎる

こんにちは、一人暮らし6年目のほびおです。ウォシュレットがないトイレ、堪えれませんよね。一人暮らしになると借りた部屋にウォシュレットが無いこともしばしば。毎日使うトイレで不快に感じるのは避けたいですよね。

今回はそんなウォシュレットのない一人暮らしの方や旅人におすすめの携帯ウォシュレットのレビューです。

 

外観:小さい!メガネケースほどのサイズ!


f:id:Hobby-expander:20170320220114j:image

ウォシュレットがこんなに小さくていいのでしょうか。収納時の大きさは6.7cm×4.6cm×13cm。よくあるメガネケースと同じくらいのサイズ感です。


f:id:Hobby-expander:20170320220124j:image

実際に使用する際は収納部分のタンクとノズルを引っ張り出します。

 

使い方

手で持ちながら水鉄砲のようにおしりに向かって水を飛ばします。電池(単3電池1本)で水を発射するようになっておりお尻の前後どちらかの下から水を飛ばします。ちなみに僕は前から派です。
使い始めるまで「お尻まで水届くの?お尻にあたった水が本体にかかったらどうしよう。」と不安でしたが、実際水はかなり飛びます。2mくらい。ななめ前(または後ろ)から距離をとって水を飛ばせば、お尻を介して本体に水がかかる心配はありません!

 

使い心地は?ちゃんと洗えるの?

抜群です。水圧も2段階で調整可能です。
f:id:Hobby-expander:20170320220210j:image
f:id:Hobby-expander:20170320220221j:image

固定式ウォシュレットよりはっきり言って僕は好きです。便座に座る固定タイプは自分のお尻を動かして洗いたい部分を洗浄しますが、こちらは手で持っているためお尻固定したまま手を動かすことで程よいところを洗浄可能です。
水圧も特に強すぎることもなく、固定タイプと洗い心地は同じです。気になる満タン時からの連続発射時間は55秒でした。ウォシュレットを1分近くもできれば十分でしょう!

 

最後に

僕のように転勤が多い一人暮らしの人は賃貸を探すときに、ウォシュレットの有無を気にしなくていいのは楽ですね。また旅行に行く時も重宝しており、海外のトイレ事情が悪い場所でも気にすることなく快適に過ごせます。移動の多い方にオススメです!