読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hobby-Expander

興味のあることはとにかくやってみるがモットーです。

【総額500円】100均すのこで棚を作ってみた

こんにちは、DIYにあこがれるほびおです。DIY良いですよ!好きなサイズやデザインで作成でき、世界に一つだけのものを作れます。僕はまだそんなレベルではないですが。今回は、「玄関の靴箱に入りきらなくなった靴やモノを置く棚が欲しいな」と考えていたところ、100均で良い感じのすのこを見つけたため棚を作ってみました。

 

材料

100均すのこ×4(45cm×20cm)

適当なねじ×6

 

作り方

すのこ2個を脚、残りの2個を棚として使用します。僕はダイソーすのこを使用しました。26センチの靴でも2足横に並べて置くことができるサイズです。
f:id:Hobby-expander:20170514181458j:image

 すのこは地面に接する部分に程よいでっぱりがあるため、そこに棚となる別のすのこを載せて固定します。僕はいきなりねじで固定するのに手間取ったため、一度ボンドで仮止めしてからねじを締めました。
f:id:Hobby-expander:20170514181640j:image

すのこの木材自体が柔らかいため、下穴をつけずにドライバーでいきなりねじ込んでも問題ありません。
f:id:Hobby-expander:20170514182223j:image


f:id:Hobby-expander:20170514182939j:image

ものの20分ほどで完成しました!塗装もしようか迷いましたが、100均すのこは表面が荒く、綺麗に色を乗せるためにはやすり掛けが必要となるため今回はパスしました。

追加のフックなどを横に付けることができれば、靴ベラやその他鍵などをかけておくのにも良さげですね。

ねじの分も入れ、総額約500円で簡単な棚が完成しました。安くて、簡単。素晴らしいですね。これで散らかった玄関を少しは片づけることができたかたと思います。アイデア次第では靴棚だけでなくその他にも応用できそうですね。100均にはまだまだ素敵な材料がいっぱいあります。また何か作った際は紹介したいと思います。

 

【カップルにおすすめ】弘前城さくら祭りのハートの場所はここだ!

こんにちは、今年のお花見もし尽したほびおです。弘前城のさくら祭りは毎年行っても感動します。弘前城公園はなかなか広く、情報がないままに歩き回っていると疲れてしまい探すことをあきらめてしまうかも。せっかく観光で来ている人にとっては時間がもったいないですよね。今回は弘前城の中でハート型に剪定された桜が見える場所をお伝えします。

 

簡単に,さくら祭りとは、青森県弘前市弘前城にて毎年4月3週目~5月1週目までやっているお祭りです。(青森は寒いため桜の開花時期も遅いです。)

(関連記事:日本一】弘前城のさくら祭りに行ってきた)

hobby-expander.hatenablog.com

 

弘前城の桜は珍しく、リンゴの剪定技術で枝が切られます。広い敷地の中に一か所だけ、ある位置から見ると桜がハート型に見えるように枝が切られたポイントがあります。桜×ハート、素敵ですね。

ではさっそく場所をお伝えします。ずばり南内門のすぐ横です。

「南内門ってどこだよ!」と聞こえてきそうなので、地図も。

 
f:id:Hobby-expander:20170502151501j:image

 汚い絵ですみません。弘前城公園の真ん中にある天守閣(本丸)から下乗橋を渡り、南方向(市役所方面)に行くと、南内門という立派な門があります。その脇に少し開けた場所があるのですが、そこから北方向(天守閣の方)を見上げると桜の枝の隙間から空がハート型に見えます。


f:id:Hobby-expander:20170502152312j:image

夜はライトアップもされ良い雰囲気がでていました。友達とくるも良し、カップルで来るもよし、一人でももちろん!他にも綺麗な景色がたくさんあります。是非弘前城さくら祭りを楽しんでください!

 

 

【レビュー】アートサイクルスタジオART PRO2のクロモリロードが美しい【S570】

こんにちは、ロードバイクが欲しくてたまらなかったほびおです。今回はアートサイクルスタジオ製のクロモリロードバイクを買ったため詳細レビューをします。購入したロードバイクはART PRO2 S570というもの。

 

色々なグレードのコンポ(ギアなどの自転車を構成するもの)を選べますが、購入したものはクラリスという入門用に位置するものです。

シンプル&安い。個人的にいかにもって雰囲気のゴテゴテしたデザインのロードバイクが好きでないんです。レースに出るなら派手なデザインにも惹かれますが、その辺をサイクリングする程度なのでシンプルかつ、のんびり乗れればいいやという考えでした。

 

 

それでは写真で観察していきます。

 

全体像


f:id:Hobby-expander:20170429170845j:image

まずクロモリならではの細いホリゾンタルフレーム。そしてフロントフォークがカーブしていることに惹かれました。横から見たスタイルが美しいです。

バーテープの色は黒か白で選べます。もともと「ART PRO2」とかかれたシールがフレームに貼られていますがペイント薄め液や除光液で擦れば綺麗に剥がすことができます。ホイールのシールも同様ですね。いらないものは取っ払えます。

 

その他パーツ類

 ◆ハルドル周り
f:id:Hobby-expander:20170429171211j:image

ステムは26mm径だそうです。少しハンドルが遠いのでステムとハンドルをいつか交換したいです。

ヘッドバッジの部分もこれまたシールのため剥がせます。自作ヘッドバッジを付けたい欲が沸いてきます。

 ◆シート周り

 
f:id:Hobby-expander:20170429171341j:image
f:id:Hobby-expander:20170429171356j:image

シートは固くて1時間ほど乗るとお尻が痛くなります。これも色替えも兼ねて交換したい所です。いいシートはどうか分かりませんが裏はプラスチック感丸出しとなっています。

 

 ◆足まわり
f:id:Hobby-expander:20170429171541j:image
f:id:Hobby-expander:20170429171715j:image

ペダルもいたって普通です。特別カッコいい訳ではありません。このクランクからペダルにかけてシルバーで統一されているクロモリロードは非常に魅力を感じるため、お金に余裕ができれば交換したいところです。クイックリリースレバーも一応Shimano製です。このあたりもシルバーになればもう少しかっこよくなるかも。

 

乗ってみて感じたこと

初めてのロードバイクのため他と比較はできませんが、のんびり乗る分には申し分ありません。コンポがクラリスというしょぼいものですが、変則もスパスパ決まり特にストレスなく乗れています。ただし!何度か山を走りましたが、下りは全体的に頼りなく怖さを感じました。特にブレーキの効きが悪く(いいブレーキは違うか不明だが…)、思ったほど減速しないため恐る恐る乗ることになりそうです。現在見た目の満足度アップも兼ねて、105あたりのブレーキに交換を検討中です。

「これからロードにハマるか分からないし、あまりお金をかけるのもな~。」とお考えの方にはおすすめです!見た形が美しいのに安いため所有感は満たしてくれます。S570でロードバイクの世界に入ってみてはどうでしょうか!