Hobby-Expander

興味のあることはとにかくやってみるがモットーです。

気球のお祭り!アルバカーキのバルーンフェスタがインスタ映え必須

こんにちは、久しぶりに海外へ行ったほびおです。今回はアメリカのニューメキシコ州アルバカーキで開催されたバルーンフェスタ(気球のお祭り)を見学してきました。おすすめポイントや注意点をまとめます。

バルーンフェスタとは?

アメリカ、ニューメキシコ州アルバカーキで毎年10月1週目に行われる、気球の祭典です。世界各地から気球愛好家たちが集結し、色とりどりの気球が空一面を覆う景色を見ることができます。アルバカーキという町で行われる気球の祭典ですが、現地人曰はく、土地柄風が穏やかで、上空30メートルあたりと100メートルあたりの風の吹く向きが逆のため、気球が飛び立ったあと、とんでもなく遠くへ着陸するのを避けられるそうです。 

Albuquerque International Balloon Fiesta - Welcome to the Albuquerque International Balloon Fiesta

 

 

おすすめポイント

早朝は幻想的

この祭りとにかく1日中気球が離陸しています。中でも早朝の時間帯、空がうっすらとオレンジがかり出した時間帯(僕が行ったときは4:30くらい)の離陸はとても幻想的です。大きなランタンのように明かりをともす気球が空を明るく照らす様子を見学できます。
f:id:Hobby-expander:20180520162105j:image

またこの時間帯は人がそれほど多くないため、気球に点火するところを間近で見学できます。空へを飛びあがるころには、周りの観光客と一緒に気球を歓声で送り出すことができます。

空を埋め尽くす気球の群れは正午あたり

お昼ごろになると気球が次から次へと空へあがりだし、気づけばあたり一面気球だらけになります。こんな感じです。
f:id:Hobby-expander:20180520162207j:image

またお昼ごろは変わった形をした気球も多くなります。この変則的なデザインの気球たちもお祭りを盛り上げてくれます。僕が一番好きなのは、蜂の親子です。この気球はお父さんとお母さん蜂がそれぞれ同じタイミングで手をつなぐように飛び立ちます。


f:id:Hobby-expander:20180520162232j:image

相当な技術が求められそうですが、空で手をつないでいる様子はとてもかわいいです。またある年から子供蜂も同時に飛ぶようになり、運が良ければ蜂家族の飛行も見ることができるでしょう。

 

注意点

上着は必須

ニューメキシコ州は砂漠の多い場所で、昼間は乾燥して暑いですが、夜と明け方はとても寒いです。ライトダウンなどあると便利かも。また会場は風を遮るものもないため、ウインドブレーカーを持っていくのをおすすめします。

 

写真を撮るなら望遠レンズ

望遠レンズは写真を撮るなら必須です、気球は気づけばすぐに大空へと飛んでいきます。一度飛び立つと標準のレンズではなかなかその様子を写真に残すことは厳しいです。僕はミラーレスと250mmの望遠レンズでなんとか写真を収めました。スマホで写真を撮る場合も、空へ上がった気球をとるのは標準レンズでは厳しいです。外付けの望遠レンズでお気に入りの気球を写真に収めましょう。

 

出店の食事の量が半端じゃなく多い

お祭りの雰囲気は日本と似ていて、食べ物屋さんがそこら中出店されています。とにかくどの店も量が多いです。さすが、アメリカ。1人分をオーダーしてもとても一人では食べきれない量がでてきます。僕はブリトーと鰐のフライを頼みましたが、どっちも一人では完食できませんでした。仲間とシェアすることをおすすめします。
余談ですが、ニューメキシコはトウガラシで有名です。チリが入った食事を頼むとレッドチリかグリーンチリか必ず質問されます。両方ミックスで欲しい時は「Christmas(クリスマス)」でオーダーできます。なんだかおしゃれですね。

 

まとめ

まだまだ日本では知られていないアルバカーキバルーンフェスタですが、何百もの気球が空を埋め尽くす様子は圧巻です。インスタ映えもすること間違いなし。アメリカの田舎を満喫したい方や写真を撮るのが好きな人には本当におすすめの場所です。是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

僕がTOEIC900点を超えるためにやったおすすめ勉強法を紹介する


f:id:Hobby-expander:20180513191824j:image
こんにちは、最近ようやくTOEICで目標としていた900点を超えることができました。TOEICというと大学生はよく就活で〇点必要だ、会社員で海外に行くのに〇点必要だとか、日本では何かと英語力を測る際の目安として使用されます。実際英語を実生活で使用できるかとはあまり関係ないTOEICですが、きちんと勉強しないと点数が取れないものです。逆をいうと勉強すると点数はある程度取れるようになります。今回は僕が900点を超えるまでにやったことを簡単にまとめます。

 

 これまでの点数推移

大学生の頃に850まで点数を伸ばしてから、800点前後を3年ほどうろついていました。850→775→810→795→915点といった具合です。リスニングが400~450点、リーディングが380点前後をうろうろという感じです。この点数に達するまでは、リスニングではPart1,2では質問に対する答えの一言目に全神経を集中させることでなんとか点数を稼げていた状況です。Part3,4では少し長くなると情報処理が頭でできなくなりそれ以降文章を聞き逃すといった感じでした。リーディングはPart5,6で時間を割いてしまい、後半足りなくなるという典型的な場数不足。時間がたっぷりあれば得点は取れるといった感じでした。

900点突破するために効果があったこと

リスニング

400点までにしたこと

リスニングで400点まで到達していない方はリスニングで耳がまだ英語になれていない状態です。リスニング問題のスクリプト(音声を文字起こししたもの)を手に、リスニングの真似を是非してみてください。英語に限らず言語で聞き取れないものは、自分の口で発音することができないからです。まずは自分の口で音真似をしてください。アクセントやthの音、rの音など文字を見ながら日本語にない英語特有の音を自分の口で発音できるようになると聞こえてくる音声を脳みそが判別できるようになります。まずは自分の口で発音すること。これが何よりも大事です。恥ずかしがらずにに声にだしてやりましょう。心の中の声ではだめですよ!

490点までにしたこと

今回僕が900点を超えた際はリスニングは490点でした。これが得点源になりました。リスニングで満点近くを狙いたい方は本番の速さの1.2~1.3倍速で普段音声を聞くようにしてください。これが一番効果がありました。僕はVLCという音楽再生アプリを介してスピードを変えています。聞き始めは、早すぎる!と一人で苦笑していました。しかしこれが面白いことにずっと聞いていると聞き取れるようになってきます。もちろん早いですが自分の口でもなるべくその速さに付いていけるように音読はしました。若干会話の間などは不自然さがありますが、この早いスピードに慣れると洋画などもある程度聞き取れるようになります。
そして、この速さに慣れたあとに通常速度を聞くと笑ってしまうくらいに遅く感じます。TOEICのリスニングってこんなにも遅かったのか…と度肝を抜かれました。問題間の空白時間も長く感じるため、ゆっくり頭の中で答えを考えることができるため落ち着いて問題が解けます。この早いスピードに慣れるのは本当におすすめです。


リーディング

リーディングはとにかく慣れが肝です。過去問をひたすら解くというのが一番確実に点数を上げることにつながりました。3回は少なくとも解きましょう。解く問題は、TOEIC公式の過去問題集が絶対におすすめです。問題の傾向や質は公式が一番つかみやすいです。1度目は普通に時間を測って回答、採点をします。採点の時は①どうして自分がその問題を間違えたのか、②問題の意図は何なのか、ひっかけようとしているのか、などを意識してください。
2回目からは声に出しながら文章を読みます。意味を理解しながら読むといった具合です。その中で文法的に理解できないところがあれば、中学生のころのように主語、動詞、目的語のかたまりを理解するためにスラッシュを入れていきます。分からない文章構造はここで完全に理解するようにしてください。
3回目はもう一度普通に解きます。2回目の文法理解で頭はその文章に慣れているため流し読みでも分の意味が頭に入ってきます。これをいろんなパターンで繰り返すのが理想ですが、一回分の過去問でこれをやるだけでも自分の中に読める文章のパターンが蓄積されます。

 

まとめ

800点くらいのレベルまで来た方はあとは、解く問題数と慣れが備われば900点までいけると今回身をもって体験しました。耳の慣れと苦手構文への慣れ、どちらも過去問をちょっとした工夫で解きまくることで自分のものにできます。同じように大台まであと少しといった方は是非トライしてみてください。僕も次満点をとれるレベル目指して、継続して頑張ります!

 

 

【経年変化1年6ヶ月】ユニクロ、セルビッジジーンズの色落ち観察

こんにちは、ほびおです。今日は以前から履いているユニクロのセルビッジジーンズの経年変化1年6か月目を観察します。当初の予定ほど履いていなかったため洗濯回数も2カ月に1度ほどに減っています。

 

前回の観察結果(6か月)

前回時点はこちら参照ください。前回では皺がようやく出始めた感じでした。

hobby-expander.hatenablog.com

 全体像

それでは今回の観察。まずは引きでさっそく見ていきます。
f:id:Hobby-expander:20180512224128j:image


後ろはこんな感じです。
f:id:Hobby-expander:20180512223846j:image

以前からの変化点としては皺がはっきりしてきた点です。前回の6か月目は皺がかろうじて見えるかな?という具合でしたが、今回はその皺の先端部分が完全に色落ちし、遠目でもはっきりと見えるようになりました。より立体感が増したように見えます。

詳細部分も見ていきましょう。

f:id:Hobby-expander:20180512223852j:image

ポケットの縁部分は前回からそれほど変わっていませんが、スマホを入れている右ポケットが変な跡が出始めました。常にスマホの角がポケット内側から当たっているため、一部縦に白くなり始めています。

 まとめ

1年半も履いているとだんだん愛着が出てきました。安いものでも大切にすると長く使えるものですね。これからも履いて変化があればここで報告したいと思います。