Hobby-Expander

興味のあることはとにかくやってみるがモットーです。

【経年変化3ヶ月】ユニクロ、セルビッチジーンズの経年変化観察

こんにちは、経年変化が大好きなほびおです。何か育てている感じが男心をくすぐります。

今回はコスパがいいと言われているユニクロのジーンズで経年変化を楽しんでみました。

 

まずは購入時の写真から。
買ったときは糊がついているためパリパリです。

f:id:Hobby-expander:20170212181914j:plain

f:id:Hobby-expander:20170212181945j:plain

僕はお湯に1時間ほど浸し糊落としを行いました。
使用頻度としては週に2回ほど、洗濯は月に1回ペースで行っていきます。

 

3か月後の写真がこちら。

f:id:Hobby-expander:20170212182016j:plain

 

f:id:Hobby-expander:20170212182035j:plain

膝裏などが程よく皺になっていますね。まだまだ色の変化は見られませんね。

これからどんどん履きこんでどう変化するのかが楽しみです。

【雪の祭典】弘前城雪灯篭祭りに行ってきた

雪国ならではの祭り、雪祭りに行ってきました。
今回は青森県弘前にて毎年2月に開催される『雪灯篭祭り』へ行ってきました。

 

入口からすでに巨大な雪の灯篭が入場者を迎え入れます。

 f:id:Hobby-expander:20170212174850j:plain

 

通常入場料を取られる本丸へもこの祭り期間は入場無料!
3本の雪灯篭が天守閣を華やかに飾り立てます。

f:id:Hobby-expander:20170212174923j:plain

 

西堀付近には300個のミニかまくらが出迎えてくれます。
中には蝋燭が置かれており、幻想的な空間となっています。

 f:id:Hobby-expander:20170212175005j:plain

非常に綺麗な雪灯篭祭りですが、とにかく地面が滑ります。
多くの人が通行すると圧雪されることでつるつるに滑ります。
転んだ人もたくさん見ました。
これから行かれる方はスパイク付きの長靴か手軽に装着できるゴムスパイクの使用をおすすめします。

 

冬はイベントが少なくなりがちですが、雪による幻想的な空間を楽しむのはこの時期ならではですね!

【意外と簡単】これでもうタイヤ交換出来ない男とは言わせない

こんにちは、東北に赴任するまでスタッドレスの存在を知らなかったほびおです。今回は自分でタイヤ交換をしてみました。
タイヤ交換を自分でできれば、わざわざタイヤ交換のために車屋さんやスタンドで長い列を作る必要もありません。なにより超簡単!そして車に買ったときから付いている道具で交換できます!(僕はトルクレンチだけ買いました。)

 

それではさっそく交換していきましょう。

 

タイヤ交換のやり方

①タイヤのナットを緩める

②ジャッキで車を持ち上げる

③タイヤを入れ替える

④ナットをある程度締める

⑤ジャッキを下す

⑥(トルク)レンチで適正トルクで締め付ける

たったこれだけです。これを4本分行います。

 

車載工具はたいていトランクの下にあるります。そこには以下の3点が入っています。

①レンチ(タイヤを固定しているナット(ねじみたいなもの)を回すもの)

②ジャッキ(車を持ち上げるためのもの)

③鉄の棒(ジャッキに差し込みこれを回すことでジャッキが開閉する)

 

まずはこれらを取り出します。

 

ここで

ポイント①

ジャッキで車を持ち上げる前にナット(タイヤを固定しているもの)をある程度緩めましょう。

車が地面に接しているほうが安定しており、

ナットを回すのに力をかけやすくおすすめです。

 

車載工具のレンチを取り出し、タイヤのナットに被せ左回り(緩む)に回します。

おそらく手の力だけでは取れないです。私は足で踏みつけて緩めました。

この時点で手でナットを回せるくらい緩めておくと良いでしょう。

 

次にジャッキで車を持ち上げます。ジャッキを差し込むポイントは前タイヤのやや後ろ側、後ろタイヤの前側に左右それぞれあります。

 

 

 

車体下部にやや凹んだポイントがあるのでそこに差し込みます。

ジャッキを回す棒は、ある程度ジャッキが車体の下に

噛んでからの方が使いやすいです。

車体の下に触れるギリギリの高さまでは手でくりくり回しましょう。

右回しで持ち上がります。

 

車体の下に当たるほどの高さになったら、

車載工具を以下のように使用してひたすら回していきます。

軍手などをしておくと軸が手の内で滑りやすく回しやすくなります。

 

 

 

車がタイヤがやや地面から浮くほど持ち上がったら、タイヤを交換しましょう。

 

タイヤ交換後は軽くナットを締め、ジャッキをおろします。

そのあとナットを増し締めします。

 

ポイント②

ナットを締め付ける際は、タイヤが傾かないようにするため

対角線上にナットを締めていきます。

この際じわじわとレンチを回すとナットがねじ切れてしまいます。

一気にギュッと締めましょう。

 

僕はねじ切れや締め足らないことが怖かったので、トルクレンチを使用しました。

走ってる途中にタイヤ取れたら怖いですからね!

 

最後に

やってみるまで難しい印象を持っていたタイヤ交換。やってみると意外と簡単でした。慣れてくると1本あたり10分ほどでできるようになります!スタンドに並ぶ時間ももったいない、お金ももったいない!(4本で2000円~)

 

さくっと自分で交換してしまいましょう!