読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hobby-Expander

興味のあることはとにかくやってみるがモットーです。

【意外と簡単】自分でタイヤ交換やってみた!

こんにちは、東北に赴任するまでスタッドレスの存在を知らなかったほびおです。今回は自分でタイヤ交換をしてみました。
タイヤ交換を自分でできれば、わざわざタイヤ交換のために車屋さんやスタンドで長い列を作る必要もありません。なにより超簡単!そして車に買ったときから付いている道具で交換できます!(僕はトルクレンチだけ買いました。)

 

それではさっそく交換していきましょう。

 

タイヤ交換のやり方

①タイヤのナットを緩める

②ジャッキで車を持ち上げる

③タイヤを入れ替える

④ナットをある程度締める

⑤ジャッキを下す

⑥(トルク)レンチで適正トルクで締め付ける

たったこれだけです。これを4本分行います。

 

車載工具はたいていトランクの下にあるります。そこには以下の3点が入っています。

①レンチ(タイヤを固定しているナット(ねじみたいなもの)を回すもの)

②ジャッキ(車を持ち上げるためのもの)

③鉄の棒(ジャッキに差し込みこれを回すことでジャッキが開閉する)

 

まずはこれらを取り出します。

 

ここで

ポイント①

ジャッキで車を持ち上げる前にナット(タイヤを固定しているもの)をある程度緩めましょう。

車が地面に接しているほうが安定しており、

ナットを回すのに力をかけやすくおすすめです。

 

車載工具のレンチを取り出し、タイヤのナットに被せ左回り(緩む)に回します。

おそらく手の力だけでは取れないです。私は足で踏みつけて緩めました。

この時点で手でナットを回せるくらい緩めておくと良いでしょう。

 

次にジャッキで車を持ち上げます。ジャッキを差し込むポイントは前タイヤのやや後ろ側、後ろタイヤの前側に左右それぞれあります。

 

 

 

車体下部にやや凹んだポイントがあるのでそこに差し込みます。

ジャッキを回す棒は、ある程度ジャッキが車体の下に

噛んでからの方が使いやすいです。

車体の下に触れるギリギリの高さまでは手でくりくり回しましょう。

右回しで持ち上がります。

 

車体の下に当たるほどの高さになったら、

車載工具を以下のように使用してひたすら回していきます。

軍手などをしておくと軸が手の内で滑りやすく回しやすくなります。

 

 

 

車がタイヤがやや地面から浮くほど持ち上がったら、タイヤを交換しましょう。

 

タイヤ交換後は軽くナットを締め、ジャッキをおろします。

そのあとナットを増し締めします。

 

ポイント②

ナットを締め付ける際は、タイヤが傾かないようにするため

対角線上にナットを締めていきます。

この際じわじわとレンチを回すとナットがねじ切れてしまいます。

一気にギュッと締めましょう。

 

僕はねじ切れや締め足らないことが怖かったので、トルクレンチを使用しました。

走ってる途中にタイヤ取れたら怖いですからね!

 

最後に

やってみるまで難しい印象を持っていたタイヤ交換。やってみると意外と簡単でした。慣れてくると1本あたり10分ほどでできるようになります!スタンドに並ぶ時間ももったいない、お金ももったいない!(4本で2000円~)

 

さくっと自分で交換してしまいましょう!

広告を非表示にする