Hobby-Expander

興味のあることはとにかくやってみるがモットーです。

車停める場所ある?八甲田の雪の回廊に行ってきた。


f:id:Hobby-expander:20180403215155j:image

こんにちは、東北の冬も終わりだんだん活動的になってきたほびおです。この週末は青森県八甲田山の雪の回廊へ行ってきました。あまり情報が無かったため、これから行く方への助けになれば幸いです。

 

八甲田山の雪の回廊とは?

青森県八甲田山には酸ヶ湯温泉という日本有数の積雪量を誇る地があります。その温泉付近から山の方へ抜ける道を八甲田ゴールドラインというのですが、毎年10月末あたり~3月末まで雪のため車両通行止めとなります。毎年4月1日に車両の通行が解禁、これに向けて除雪車がせっせと雪かきしてできた壁ができます。これを雪の回廊と言っています。

言葉じゃなかなか伝わらないのでまずは写真、こんな感じです。
f:id:Hobby-expander:20180403215402j:image

横の軽トラと比較するとその大きさが想像できるでしょう。今年の冬は雪が少なかったみたいですが、それでもこの高さです。今までの過去最高は9mほどみたいなので、こんなもんじゃないはずです。

 

訪問おすすめ時期

行くなら絶対4月1日の朝です!この日に解禁された後は雪がどんどん溶けていき、また車の排気ガスでどんどん雪の壁が黒くなっていくので、綺麗な回廊を見たい方は解禁日に訪れることをおすすめします。また酸ヶ湯側から通過するゲートは1日の午前9時にオープンとなります。僕も遅れまいと8時45分くらいにはゲート付近に向かいましたが、すでに渋滞が。およそ20台ほど、皆ゲートのオープンを今か今かと待っている状態でした。後で記載する車を停める場所も先着順なのでオープン前から並んで準備したほうが良いでしょう。

 

車はここに停める

なんとか車を降りて写真を撮ることができる場所が1箇所あります。睡蓮沼という場所付近は路肩が車一台分停車できるくらい広いため皆そこへ停めます。

 

ただし、片側一車線で基本的に両サイドに雪の壁があるため、その睡蓮沼付近しかスペースがありません。前述したように、ゲート開通前から並んでいる強者たちが、このスペースもかっさらっていきます。中にはそのスペースに車を長時間停めたまま、山を下るスキーやスノボをする頭のおかしな迷惑野郎もいるのです。少ししかない公共スペースを平気な顔して数時間も独占するとは怒りがこみ上げます。是非はやめにスペース確保して写真が取れたらさっさと車を動かしましょう。

 

まとめ

雪の回廊を初めて見ましたが、高さに圧倒され見てよかったと感じました。のんびり自分のペースでゆっくり楽しみたいか方は3月30、31日にウォーキングイベントが開催されるためそちらに参加されるとよいでしょう。ただし5000円もします。高いと感じたため私は車で開通日に訪問しました。雪の回廊を見学した後は近くに酸ヶ湯という大きな混浴があるため、そちらもついでに訪問するのをおすすめします。千人風呂と呼ばれる大きな風呂で癒されます。豪雪地帯でないとなかなか見ることができない雪の壁。愛車を走らせて年に一度のチャンスめがけて訪問してみてはいかがでしょうか。